スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真理さんとミュージカル

 皆さん、こんにちわ。
 このブログ、2か月以上もほったらかしにしておりました。<(_ _)>

 今回は、真理さんとミュージカルの関係について、私の気持ちをお伝えしようと思います。

 真理さんファンの方はご存知かと思いますが、真理さんは、アイドル絶頂期に一度だけミュージカルに出演しています。それも主役として。
 ミュージカルの名前は「君よ知るや南の国」。
相手役の峰岸徹さんとのラブストーリーが中心になっているのですが、少女であった主人公が一人の女性へと成長していく姿を、真理さんが熱演しています。
劇場収録された動画や音声は残ってないようですが、スタジオ録音によるダイジェスト版として作成されたLPレコードが提供されています。
私は、「天地真理プレミアムボックス」で初めてこのアルバムを聴くことができたのですが、真理さんの表現力に驚かされました。
歌唱力のレベルの高さは、すでに様々な曲を聞いて認識していたのですが、ミュージカル初体験とは思えない素晴らしい表現力で、曲ごとにイメージを変え、同じ曲でも場面が違えば雰囲気も変え、特に驚いたのは、地声で歌う少女の歌声。良い意味でショックでした。声を聴くだけでは、全く真理さんだと気付かない。茶目っ気たっぷりなお転婆な娘さんっていう感じ。
また、地声からファルセットへと自然と変化していく曲もあり、驚きの連続でした。

ああ、劇場で本当に演じている時の画像が見たい。どうしても見たい。
当時は、必ず録画した映像があったはず。誰か発掘してくれないだろうか

思うに、真理さんは、ミュージカルにすごく適した声質を持っていたと思います。音楽専門の高校へ通い、声楽もみっちり勉強されていたはずなので、当たり前のことかもしれませんが、あの容姿と、あの雰囲気と、あの声、本格的にミュージカルをしていれば、もっともっと活躍でき、今でも劇団の看板女優として、どこかの劇場で演じ続けていたのかもしれません。

では、今回の提供曲です。
ミュージカル「君よ知るや南の国」から3曲メドレー(初めての涙、明日へのワルツ、君よ知るや南の国)です。
いつもお世話になっているamhikoukigumoさんのコンテンツを引用させていただきました。
音声だけでなく、実際に劇場で演じている画像やパンフレットも必見ですよ。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラガール

Author:ラガール
天地真理さんの魅力について語り合いませんか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者カウント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。