スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロディー派と歌詞派

私は、どうも左脳が未発達なようで、歌を聴いていても、記憶されるのはメロディだけ。歌詞はあまり記憶に残りません。
私の場合は、歌を聴くときは、癒しを求めているときなので、とにかくリラックスしたいんですね。
ボケーッと聴いているから、歌詞が頭に残らないのだろうと思います。
でも、メロディーラインはしっかりと頭の片隅に残っていて、一度聴いた曲のメロディは、ほとんど忘れません。

私の知人には、すぐに歌詞を覚えてしまう達人(?)がいます。その知人いわく「別に覚えようとはしていない。自然と頭の中に刻み込まれる」と言います。
逆にメロディーはよく忘れてしまうと言います。

皆さんは、どうでしょうか?

私は、グレープ時代からさだまさしさんの大ファンですが、メロディー派の私でも、何故か彼の歌だけは別で、歌詞がすーっと頭の中に入ってきました。
それだけ彼の歌詞には魅力があるだと思います。

真理さんの歌についてはどうでしょうか。
私は、真理さんのあのやさしい天使のような歌声が好きで、何を歌っても、あの声が最高の楽器となって、私を包んでくれます。
声を聴くというより、音を聴くという感覚なので、やはり、歌詞は覚えられず、ひらすらメロディーと声の響きだけが心に残ります。

でも、最近、真理さんの曲の中で、歌詞を改めて注意深く聴いてみて、イメージが変わった曲があります。
それは、「サルビアの花」という曲です。
これは、1974年6月21日発売の『恋と海とTシャツと』というアルバムに収録されている曲です。
カバー曲ですが、最初は、真理さんが優しく、微笑むように歌っているので、マジで幸せそうな歌だと思って聴いていました。
真理さんが歌うと、何故かメロディも爽やかになるのですね。
この誤解は、長らく続いたのですが、ふとある時、歌詞が耳につき、恐ろしく切ない曲だったことに気付いたのです。


この他にも、真理さんの曲の中で、思わず歌詞を真剣に聞いてしまう曲が何曲かあります。
そのどれもが、決まってストーリー性を持っています。歌詞がとても具体的で、その情景が、ドラマの一場面のように浮かんでくる曲ばかりです。
よく考えると、さだまさしの歌詞が好きなのは、こうした具体化されたストーリー性を持った歌詞が多いからなんだと思います。

さて、今回の推薦曲です。
「花と小父さん」という曲で、1972年9月21日発売のアルバム「虹をわたって」に収録された曲です。
この曲は、メロディーよりも歌詞に心打たれた数少ない曲です。
物語性を持った、とても切なく悲しい歌です。
昔、ダークダックスというグループが「花のメルヘン」という曲を歌ってヒットしましたが、それは、おとぎ話のようにメルヘンチックでちょっと切なさを感じる曲でした。
真理さんのこの曲を聴くと、いつも「花のメルヘン」を思い出してしまいます。
98junyugoさんの作品を引用させていただきました。ありがとうございます。<(_ _)>
では、お聴きください。

コメントの投稿

非公開コメント

私の場合

ラガール殿 こんにちは

いつもながら あなたの記事には引かれるものを感じてしまいます

今回のテーマは歌詞?メロディー?のどっちから って事でしょうか

そりゃ~あんたメロディーからでしょう!  と私はおろか殆んどの方々はそう感じるのだとおもいますよ

私の場合ですが   

高校生の終わり頃より歌詞が理解出来ない英語、フランス語、イタリア語etc の音楽を聴くことで

歌詞は理解し難くともその音楽の多くの部分に心引かれ感動し癒されて来たと自負します
(日本語で歌われる歌詞の歌も当然聴いていたので歌詞も断片的ですが記憶に焼きついているものです)

ただ 近頃の日本語で歌われる歌からは言葉を伝える要素よりサウンド全体を引き立たせる為の楽器の一部に近くなっているような気がするのは自分だけでは無いと思います

注意しないと何を言っているのか理解し難い歌が余りにも多いです

それでも曲が良いと売れる時代なんです

でも 歌詞の意味を理解しなくても楽しめる曲を知っています 真理さんので♪

「小さな恋」

この曲の歌詞をマジで聞くと   なんのこっちゃ?ですね

でも真理さんの声があってこそ 全てを帳消しにするくらい胸キュンものの曲です

何を言いたいのかというと 求めるのは歌声(発声)による心情表現なのではないでしょうか

真理さんの歌声から決して大袈裟ではなくとも一瞬の輝きや 寂しさを感じてしまいます

この味は真理さんにしか出せえないものだと確信しますよ!


本題に戻り 

「サルビアの花」  死をも覚悟した熱情を真理さんは驚くほど軽く歌っているようです   が

私は他のカバーやオリジナル以上に背中が落ち着かぬ感覚を覚えるのです

「花と小父さん」 真理さんの最も素敵な歌声にうるうるなのです 歌詞を聞き込まずとも

真理さん 花の心を見事に歌い上げています(泣、、











tipさんへ

tipさん、コメントありがとうございます。

やっぱり曲はメロディから入っていくものなんですね。
特に最近の曲は、多彩なジャンルがあって、いつもメロディが新鮮に感じます。

でも、心に残る名曲は、歌詞が素晴らしい。
私は、唱歌や昭和30年代後半から40年代前半頃のナツメロが大好きです。親の影響なんですが、これらの歌は、メロディもさることながら、歌詞がとても心に染み入ります。
「日本に生まれてきて良かったなぁ」と思える瞬間です。
この表現は、日本語以外にはできないだろうなぁと思うのです。

いずれにしても、歌は素晴らしいですね。
特に真理さんの歌は、一生の宝です。

No title

2花と小父さん”良い曲ですよね。昔から好きでした。ただ、真理ちゃんの歌を聴くまで、伊藤きよ子さん、森山良子さんの歌が、こんなに暗かったのかと気がつきませんでした。彼女たちの歌には、絶望感のようなものが感じられますが、真理ちゃんのこの曲は、さりげなく、切なさを表現し、暗くなりすぎないのが特徴だと思います。どちらの歌が好み課というと、人それぞれでしょうが、私はやはり真理ちゃん派ですね。

メロディー派

ブルーコメッツ ? オソーコメンツ (笑)
私は、メロディー派! ずらよ。
特に、天地真理さんの場合は、声が楽器のように聴こえてきます。
あえて言えば、トロンボーンとバイオリンですね。

う行とお行の「頭声ファルセット」の発声は、トランペットの共鳴音に聴こえます。
このことは、私しか、感じていないのかもしれません。
あと、天地真理さん本人も、それらしき事をテレビで言っていましたが(笑)
「私って、ほーっ、なのかなぁ?・・・」って。(笑)

makoさんへ

makoさん、コメントありがとうございます。
気がつかずに、返信がこんなに遅くなってしまい、申し訳ありません。<m(__)m>

真理さんが歌う切ない歌、とても心に染み入るのは、私だけではないと思います。

本当に、不思議な魅力を感じますね。

イッチーさんへ

イッチーさん、こんにちわ。
お元気ですか?

イッチーさんもメロディ派ですか(^^♪

私は楽器には詳しくないので、よくわかりませんが、真理さんの声は、とても心を鎮めてくれる素晴らしい楽器ですね。

私は、チェロの響きがとても好きなのですが、真理さんの声は、それに似た感覚です。
プロフィール

ラガール

Author:ラガール
天地真理さんの魅力について語り合いませんか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者カウント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。