スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑談】幸せの感じ方について

皆さん、ご無沙汰しています。

このブログの目標として、最低でも半月に1回は更新しようと思っているのですが、前回の記事から既に1か月が過ぎようとしています。やばいっ!

実は、年末から仕事が超多忙を極め、連日残業&休日勤務で、私の大切な真理さん仲間の皆さんのブログにコメントを寄せることだけで精一杯な状態。フーッ

2月の月別アーカイブがゼロ件になることを避けるため、とりあえず今回は雑談でも...そんなもん、いらんか?
(前回お知らせした「時間ですよ」の話については、次回までお預けということで、ご勘弁を)

実は、この記事は、職場で書いています。
今日は、委託業者のシステム移行作業の立会いのため、職員は私一人の勤務なので、こそっとパソコンのメモ帳を開いて、シコシコ書いています。

注:職場で書くのは初めてです。いつもは超真面目に働いていますよー!
 しかし、職場の人間にこの記事を見られたら、どうしよう・・・ま、それはないわな。

喜ぶべきか悲しむべきか、私は、今年度から管理職になったせいで、時間外勤務手当がつかなくなり、さらに私の職場の悪しき慣例として、代休も取れないので、全くのボランティア勤務です。
なので、今日は、少しは仕事以外のことをしてもいいか・・・という気分になっています。

それにしても、年末年始は正月の2日間を除き、全て勤務、それから今日まで、休日の半分は勤務、それも夜遅くまで酷使され、ひどいときは、朝の5時半まで勤務という日もありました。
それでも、賃金水準の低いここ田舎では、私の職場は恵まれている方だと思い、納得しながら働いてはおりますが、この劣悪な労働条件は、都会では問題になるのでしょうか? ひょっとしたら都会の方がもっとシビアなのかもしれませんね。

適正に時間外勤務を計算すると、1月の時間外手当は、30万円近くになりました。私が以前から買いたいと思っている大型テレビやブルーレイレコーダーや新型パソコンを買っても余裕ですね。
こういう計算をすると、実感が沸いてきます。毎月高額な家電製品を次々購入するなんて、この上極まりない贅沢だと思います。本当にそんなことをしたら、まず家庭崩壊ですね。
家電製品は買えないけど、常にそれだけの金銭的な損をし続けていることになります。
でも、これが原因で家庭崩壊にはなってはいません。

やばい。愚痴り出したら止まらない。
とりあえず愚痴はここまでとして、今回の雑談は、人間の幸せについて少し考えてみます。

時間外勤務手当と家電製品の話をしましたが、人が「幸せ」を感じる感覚というのは、絶対的なものではなく、かなり相対的なものですね。

昔からよく感じてきたことがあります。それは、親の世代が経験した戦中・戦後の時代のこと。
あの頃は皆が貧しく、今日を生きるのが精一杯だったはずなのに、家族や地域で団結して、みんな生き生きと生活していた。残された当時の写真がそれを物語っている。
子供たちの表情も、なぜか現代の子供たちより当時の子供たちの方が生き生きしている。
また、例えば、神風特攻隊員として明日出撃して死んでいく若者達が、最後に写したの集合写真にこの上ない満面の笑顔をたたえている。そして、家族に宛てた手紙の内容に心を打たれる。
特攻隊の話は、夏になると度々テレビのドキュメント番組として放映されるので、皆さんもご存知だと思います。
彼たちは決して「幸せ」を感じていたわけではないのだでしょうが、現代の若者に当時の経験ができるかと言えば、今の社会構造や生活水準の中では無理なことだと思います。
当時は、皆が貧しく大変な時代であったからこそ、苦しい中でも「幸せ」を感じることができたのだと思います。
物質が豊かになった今、果たして人間は幸せになったのでしょうか?

本当の「幸せ」とは何かということ。
心が病んで、真理さんに癒しを求め始めてから、いつも私の心の中にある疑問です。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

誰もいない海

ラガール殿、こんばんは。
今、「虹をわたって」に収録の「誰もいない海」を聞いております。
「辛くても辛くても死にはしないさ、、」と言う歌詞に感じるものがあるのです。
人には煩悩という欲望の感情があります。これが抑圧されると人は「不幸」を感じます。
これが進むと鬱状態となり最悪自害となってしまうのでしょう。
自分から死を選ぶと言う最悪な結果です。実は私先週、家内の姉の旦那さんの一周忌に行ったのです。
1年経って義姉さんは少しは元気になったかなと思っていたら、とんでもない。
悲しみは全く1年前と同様なのでした。
義姉さんは「一生忘れられません」とおっしゃっておりました。
いかに悔いが残る彼の死だったかと、、、
私の地元の富山外専の生徒さん等がニュージーランドの地震災害で未だ12名の行方知れず、、
残念ですがほぼ絶望です、本人はもとよりご家族の嘆き悲しみを思うと胸が張り裂けそうです(涙)
どんなに辛くても人は死んだりしない、悲しみを背負って生きて行くんです。
薔薇色の人生なんてひと時なもんだと思います。
冬の日本海の昼でも真っ暗な空に一点でも光が見えれば救われると思います。

今回も真理さんの歌に救われたかな~。

tipさんへ

tipさん、こんにちわ

真理さんの唄う「誰もいない海」、とても心にしみます。
トワエモアが歌ってヒットした曲ですね。
私は、トワエモアが大好きで、同じく真理さんも歌っている「虹と雪のバラード」は、当時小学校6年の私が、親にせがんで買ってもらったレコードが、今でも手元にあります。
白鳥英美子さんの声は素晴らしいですが、真理さんの声もいいですね。
すがすがしい気持ちにさせる点では白鳥さんの方に軍配が上がりますが、癒されるという点では、断然真理さんの方ですね。

私も、まだまだ真理さんに癒され続けています。
「幸せ」について、最近ではようやく自分の「幸せ観」が確立してきたように思います。

お互い、これから周囲に流されない本当の「幸せ」を追求していきたいですね。
プロフィール

ラガール

Author:ラガール
天地真理さんの魅力について語り合いませんか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者カウント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。