スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真理さん3番目の変化

 私が感じた真理さんの3番目の大きな変化は、やはりヌード写真の出版やポルノ映画への出演です。
 それを知ったときは、私の体の中にとても大きな衝撃が走りました。

 1983年にヌード写真集、そして1985年には日活ロマンポルノに主演されたわけですが、とても暗いイメージで構成されています。私は真理さんのポルノ映画を拝見したことはないのですが、宣伝用のスチール写真などを見ると、陰湿な感じを抱いてしまいます。

 でも、当時の真理さん自身は、そのイメージとは全くかけ離れていまいた。Youtubeで公開されていて、ファンの皆さんはご存知だと思いますが、梨本勝さんがポルノ映画出演のことで真理さんにインタビューしている画像を見ました。
そのインタビューに「ある意味での大人っぽさが出ているみたいだから」「ファンの方も喜んで下さるんじゃないかな」と答えておられましたが、その姿は、とても明るく魅力的で、良い意味での大人の女らしさを感じるものでした。
mari_1985

 その頃(30歳代前半)の真理さんは、どの映像を見ても、とても明るく魅力的でした。
mari_30age


 役になりきることは芸能人の宿命なのでしょうが、私は、どうしても写真集やポルノ映画のあの陰湿さが許せないのです。

 真理さんがこのような仕事を引き受けられた経緯はわかりません。所属事務所の言いなりにならなければならなかったのか、真理さんなりにファンのことを考えてのことか、ずっとその真実を知りたい気持ちを抱いていました。しかし、当時の真理さんの普段の姿(映像)を見て、そんなことどうでもよくなりました。以前と変わらない笑顔で、天使のような存在であることを確信したからです。

 でも、もう一度あの頃に戻れるなら、当時の真理さんにデビューの頃のような明るいホームドラマに出演してもらいたかったですね。(未練がましい!<(_ _)>)

 では、今回の曲は、秋も終盤にさしかかり、そろそろ落ち葉の季節も近くなってきたところで、「木枯らしの舗道」をお届けします。真理さんのシングルカット曲の中でも、私の大好きな曲のひとつです。
(seikoinochiさんからの引用です。)

コメントの投稿

非公開コメント

私も同感です

こんばんは春の風です。
私もラガール様と同じくあのへアーヌード写真やポルノ映画など認めたくもありません。
これらのことは真理ちゃんの唯一の汚点だと思います。
真理ちゃんには清純派歌手、清純派女優を貫いてほしかったです。
日本芸能史上ただ一人白雪姫と呼ばれたのですから…

記憶から消し去りたいです

春の風さん、こんばんわ
春の風さんのブログの素晴らしい貴重な写真とコメントを、いつも楽しみにしているラガールです。(*^_^*)

本当にショックでしたね。
事実として存在する以上、どうしようもないのですが、できることなら私の記憶の中からは消して欲しいと思います。
でも、真理さんの自由意思を尊重してあげなければとも思うし、悩ましいですね。
あの時の行動は、何か理由があって、真理さんの本意ではなかったことを信じたいと思います。

No title

v-119まぁ~っ、ずいぶんと深刻な会話でござんすねぇ(笑)
イーじゃないですかぁ、その当時の本人の決めたことだからネェ。
小柳ルミ子さん(白蛇)も、黒木瞳(化身)さんも。。。30代から40代ではエロスの写真と映像を撮っていますから、全く気にすることは無いと思いますね。
私は、男、故の観たい方ですよ(笑) *ごめんね・・・(笑)
下記のサイトに有名人のエロス写真が有ります。 嫌いな人は、観ないでね(笑)
エイチティーティーピー://eninaru.blog53.fc2.com/blog-entry-3.html

嫌なら、観なければ良いだけですよ♪ ただそれだけです。
エロス文学は「悪」では、絶対にないですから、それだけは理解してください。
良い意味で、美学です。(笑)

推測ですけれど、本人は そんなに重く? 考えていないと思いますよ。好きな人は、どんどん観てね、ってね。
単なる、青春人生の一ページ女優・天地真理だと。。。
あるモノを観て、ソレをどう思うか? 10人10色でもって、その人の人生観で それぞれに思うだけです。
同じモノを観ても、暗くとらえる人もいれば、明るくとらえる人もいるね。
人間の一生は、色々なことが有るから 面白いと思います。

私の商店街では、毎月に1店舗づつ閉店していきます。 夜も寝られない恐怖が本当に有りますが、悩んでも仕方がないので倒れるまで突っ走る覚悟です。 人は誰も助けてはくれない。

自分のことは、他人に相談しつつ 最後は自分で何もかも決めなければなりません。

☆こんな時は、天地真理さんの歌が一番ですね、ラガールさん☆ ♪♪♪


イッチーさんへ

イッチーさん、コメントありがとうございます。

> 嫌なら、観なければ良いだけですよ♪ ただそれだけです。
> エロス文学は「悪」では、絶対にないですから、それだけは理解してください。

そうですね。女性の裸体に興味を持つことは、正常は男性の本能で、罪悪視する必要は全くありませんね。
見たい人がいるから、ヌード写真集もポルノ映画も存在するわけで、貴重で大切な大衆娯楽のひとつです。

> あるモノを観て、ソレをどう思うか? 10人10色でもって、その人の人生観で それぞれに思うだけです。

全くそのとおりです。

私は、天地真理さんを特別な存在として捉えています。
最近は、家族のように親近感を持っているのです。
自分には19歳の娘がいますが、自分の娘のポルノ映画は見たくないですね。
でも、これも娘に信念があって、ポルノ女優の道を志したのであれば、理解し、協力すべきだと思っています。

こうして考えてみると、真理さんがヌードになったことを「ショックだ」なんて言うと、真理さんのことを本当に理解していないことになりますね。

人を偶像化することは、当人にとっては、とても迷惑なことかもしれません。

イッチーさんの生活、岐路に立っているようで、大変そうですね。
私の現在の状態もそうなので、失礼ながら、勝手に共感しています。
お互い自分の人生、悔いのないようしっかりと生きてゆかねば。
私は、苦労は人生のための良い経験で、自分の心に幅を持たせてくれる修行だと思って生きています。

ありがとう♪

実は、先の文章を書くに当たり、とても悩んで苦しんで書き込みましたよ。
なぜなら、とても重いテーマなんです。「ポルノ』といっても、ピンからキリまでで、真理さんの場合は、文学性と日常性が高いですね。 写真だけを見て判断するのはチョット危険です。Hが主目的の映画とは違うわけですから。

いずれにしましても本人の人生の一部分ですから、我々外部のからの人生観による批評は、本人にとって 無意味ですね。最悪の場合は、本人が悲しむだけです。 過去のことだけにね。

私なんか、(笑)、あと5本ぐらい、「大人になった、天地真理 妖艶シリーズ」でも、観たいくらいです(笑) ・・・ ごめん、色々なカテゴリー政治経済・女優・推理・恋愛・警察、、、のエロス小説がらみで・・ゼロの焦点とか、渡辺淳一とか、三島由紀夫の音楽とかね。。。谷崎潤一郎の鍵とか「五辯の椿」など凄いし、色々あるねぇ・・・性描写の部分は監督によって色々で。。。(笑)
観たかったなあ、すさまじいエロス文学( 性 さが )だよ、本当に! 読んでご覧♪
少しはね 考え方が変わると思うよ♪

商店街の苦労話や、19歳の娘さんの たとえ話のコメントを観て、「ラガールさんは、心の深い、広い、人だなぁ」って、思いました。

☆先日の、小柳ルミ子さん とのテレビで。
「ルミちゃん、お友達になってくれる~?」 「電話番号を教えるから・・・」ってところで、天地真理さんを、益々 泣きながら、好きになってしまいましたね♪♪♪
真理チャンは、いつまで経っても真理ちゃんですねぇ(笑)
追伸/こんな時間まで、仕事しています。(笑)
苦しいときに、「頑張って」は、禁句ですが、頑張りまーす(笑)
プロフィール

ラガール

Author:ラガール
天地真理さんの魅力について語り合いませんか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者カウント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。