スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦難は乗り越えましたが・・・

8か月振りの投稿です。

今回も、天地真理さんのことではなく、私自身のことについて(^^ゞ

あれから(前回の投稿)、私の手術も無事に終わり、病巣はきれいに取り除かれ、母のこともあるので、自宅で療養を続けるということで、10日後には退院しました。
その後の後遺症もほとんどなく、さすがロボット手術(ダヴィンチ)、最近の医療技術の進歩はすごいです。

退院後、2週間は自宅療養の予定でしたが、仕事に行く必要がないことで、逆に末期癌の母の看病に専念することができました。
私が入院する日に母の病室で「じゃあ行ってくるね」と手を振り合って別れてから10日後、退院後に自宅に戻らず、病院からすぐに母の病室を訪れた時の母の状態の変わりように、思わず涙が出そうになりました。
あの冗談好きでいつもニコニコしていた母が、全く無表情で、こちらからの問いかけにうなずくだけで、母からは話すことはなく、母の感情がわからなくなっていました。

それから2週間、母と2人だけの濃密な時間を共にしましたが、私が職場復帰して2週間足らずで、母は天国に召されました。

職場復帰してからも、仕事中以外は、早朝から夜遅くまで、母を一緒にいて母の好きな童謡や唱歌のCDを流したり、手足をもんであげたり、外の風景を写真に撮って見せてあげたり、たわいもない話をしたり、「桜の季節までもつかどうか」と医師から告げられていたため、3月になると、少し早いけど、ベッドも周囲を桜の造花で飾ったり・・・
すでに母には笑顔を見せる気力は残ってなかったのですが、心の中では喜んでいたと思うことにしています。

母の様態が安定していることで、いつも夜間は自宅に寝に帰っていました。
帰るときは、横になってただ私を見ている母とハイタッチをして「またあした」と笑顔で別れるのですが、いつもは少しの物音でも目を開ける母が、亡くなる前日の夜だけはぐっすり眠っていたので、は起こすことなく、そっと病院を後にしました。
そして次の日の早朝6時、病院から緊急電話があり、駆け付けるとすでに母の心臓は鼓動を停止していました。
「またあした」が言えなかったこと、母の最期を看取ってあげられなかったこと、寂しい思いをさせて逝かせてしまったこと、相当悔みました。

癌患者が癌患者を看護するなんて、と思われるでしょうが、癌を共有できることで、母の苦しみに少しでも近づけたなら、私はいい時期に癌になったと思います。
そして、私が癌手術で2週間の自宅療養期間を得たことで、母とのこの2週間は、私の、そして母のかけがえのない貴重な時間になりました。これは、私にとってはとても幸運なことでした、

母が亡くなって4日後に私の9年ぶりの人事異動発令。
喪中の休暇期間中に職場に出て異動内示をもらい、あいさつ回り。そして職場復帰後は、病休中のたまった仕事の上に引継書の作成で連日残業。そして新たな職場への着任、母の四十九日・・・
私の入院以降、自分の身体の手術後ケアが十分できないままに、けたたましく時間が過ぎていきました。

思えば、昨年9月末の母の癌告知以降、これでもかというくらい何度も人生の節目にぶち当たりましたが、やっと秋になって落ち着いてきたところです。

天地真理さんの歌声に癒されて始めたこのブログも、もう私自身が立ち直って、今では真理さんの曲もほとんど聴かなくなっていますが、さすがにこの1年は堪えました。
でも、どんなことがあっても、以前のような「死にたい」ほどの強烈な精神崩壊に至ることはなくなりました。
それでも人間の身体は正直で、4月中旬からは仕事に影響が出るほど精神状態が悪化し、10年ぶりに心療内科を受診して、一応今も精神を安定させる薬を処方されていますが、まあ、なんてことはないです(^^ゞ

今後も、このブログはとりあえずは閉鎖はせず、辛い経験をされている方々のために少しでも寄与できればと思います。
科学的なことはドシロウトで、偉そうなことは言えませんが、真理さんの歌声の音質というか周波数というか、何かわかりませんが、疲れた心を癒すものを持っていることは、私の経験からも実証できます(でも、本当にどん底の辛い時期でないと真理さんの声が心の中には響いてこないのかもしれませんが)

真面目な人が生き辛いこの世の中、真面目でありたいと思う心が、さらに心を辛くさせる。
でも、自分に正直に真面目に人生を歩んでいきたいですよね。
どんなに苦しくても、真面目に生きていれば、必ず報われる時が来ると信じて、辛い人生を歩んでいる方々にエールを送りたいです。
クソ真面目、不器用、それは、素晴らしい人間であるという証ですから
スポンサーサイト
プロフィール

ラガール

Author:ラガール
天地真理さんの魅力について語り合いませんか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者カウント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。