スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真理さんと歌謡曲

真理さんといえば「歌謡曲の国民的アイドル歌手」というイメージがありますね。
真理さんの歌声の素晴らしさは、これまで何度もお話ししてきたとおりですが、私は、真理さん自身は果たして「歌謡曲」を歌いたかったのか、という疑問を常に持っていました。

そこで、最近気が付いたのですが、「歌謡曲」って何?

歌謡曲というイメージは、子供から大人まで親しみやすい大衆音楽のジャンルで、フォークソングのようにメッセージ性が強くなく、メロディーも素直で、演歌のように気張らず軽やかで、誰でも口ずさめる歌・・・ってことなんでしょうか。
とにかく、「国民的アイドル」を生み出すための音楽ジャンルだと思います。
真理さんは、その路線に乗り、国民的アイドルとしての地位を確立した(させられた)のでしょうね。

でも、思うのですが、本当は真理さんは歌謡曲など歌いたくなかったのではないかと
常に笑顔を強いられ、歌唱力や心情を表現することは二の次で、とにかく金儲けのために一過性の曲をたくさん世に送り、時代を超えてじっくりと聞かせるような曲を歌わせてもらえなかった。

真理さんの歌手生活が短命に終わったのも、歌謡曲の歌手として定着したから。
国民も、本当の真理さんの音楽的魅力を知らされることはなかった。
真理さんのリタイア後、真の歌い手として真理さんが活躍できたであろうそれからの数十年の貴重な時間は、今となっては、どんなことをしても取り戻すことができない。
音楽界、いや日本国民にとって、このことは大きな損失だったと思います。

ということで、次回からは少し、真理さんと音楽ジャンルとの関係について考えていきたいと思っています。

今回の曲は、んー、何にしようか
私はあまり好きではないけど、真理さんの持ち歌の「歌謡曲」の代表曲である「恋する夏の日」にしましょう。
heavengroundさんの作品をお借りしました。
(プレミアムボックスにも収録されているカワイイ画像ですね)



スポンサーサイト
プロフィール

ラガール

Author:ラガール
天地真理さんの魅力について語り合いませんか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者カウント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。