スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真理さん最初の変化

私が真理さんの再ファンになった最大の理由は、あの天使のような優しい歌声にあるのですが、もうひとつの大きな理由に、彼女の波乱に富んだ生い立ちがあります。(波乱の生い立ちだなんて、私が勝手に思い込んでいるだけなのですが...真理さんに怒られるかも)

なぜ、真理さんがあんな行動をされたのか・・・、ということが何回かあり、とても気になっています。
今回から数回に分けて、その時々の真理さんの変化について、私なりの思いをお話しようと思います。

まず、私が気付いた最初の変化は、1974年の紅白に出場したときの、真理さんの憂いに満ちた表情です。
(ファンの方なら、言わずと知れた伝説の場面ですね)
最近になり、Youtubeで当時の映像を初めて拝見したのですが、とてもショックを受けました。
その時歌った曲は、「想い出のセレナーデ」で、暗いイメージの曲ではありました。喪服のような黒いワンピースを着て、無機質な表情で歌っているのです。表情に全く生気がなく、唇にも色がなくて、荒れているように感じました。そして、歌い終わった直後、目に涙がたまりそうになっていたように見えました。

この映像です。(HY6162さんの映像を引用させていただきました)


それまでの彼女のイメージからは全く想像もつかない表情で、その映像を見て、もう30年以上も経っているのに、とてもショックを受けました。
「想い出のセレナーデ」という曲のイメージを作り出すための彼女なりの演出だったのかもしれませんが、真理さんがあそこまで完璧にムード作りができるとは思っていませんし、その日、アグネスチャンが「ポケットいっぱいの秘密」を歌った時にも、南沙織、小柳ルミ子、あべ静江、山本リンダ(敬称略)とともにバックダンサーを演じていたのですが、その時も、いつもの真理さんとはほど遠い暗い表情でした。そこまでいくと、やはりおかしいですね。

彼女に何かがあったと思うんです。「大失恋があった」「度重なるファンの心無い行動が原因」「若いアイドルたちに人気を奪われたショック」など、いろいろな説を聞きますが、真相は何だったのでしょうか。

あの時以降の真理さんは、どの映像を見ても、表情がどことなく暗く、笑っている場面はあっても、以前のような屈託のない笑顔を見ることができません。(Youtube等で確認できる映像は、夜のヒットスタジオ出演のものがほとんどですが、どれも無理に笑顔を作っていますね)

その当時は、自分の置かれている立場や状況から、言いたくても言えない心の苦しみに必死で耐えている、そんな姿をひしひしと感じます。
現在の自分とオーバーラップして見てしまうのです。これが、真理さんを急に身近に感じることになった最大の原因です。

あぁ、気になる。とても気になる。できることなら当時に戻って、何とかしてあげたい。
スポンサーサイト
プロフィール

ラガール

Author:ラガール
天地真理さんの魅力について語り合いませんか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者カウント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。