スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ開設1年

今日で、このブログを開設してから1年が経過しました。

1年前といえば、真理さんの笑顔と歌声に癒され、暗黒だった自分の心の中に微かな灯火がともり始めた頃でした。
昨年の今日、真理さんへの感謝の気持ちを表現するため、そして、私と同じ心の痛みを持った人へメッセージを伝えるため、このブログを始めることにしました。
また、自分の心の中にある様々な思いを語る場にしようと思っていましたが、心の苦しみを吐露し始めると、どんどんエスカレートして、最後は自己嫌悪に陥るのではないかと、それが心配で、現在まで、自分のことについてはなかなか話すことができず、今日に至っています。
もともとプライバシーに関わることは、ネット上で公開することではなく、親族や友人に相談したり語り合うものなんでしょうね。読む方も全くつまらないし
でも、深刻な苦しみほど、親しい人には話せないものだし、んー、難しい問題です。

この1年、このブログを通して、いろいろなことがありました。
半年以上、真理さんオンリーの生活でした。最近では、他の音楽を聴く余裕(?)も出てきましたが、昨年は、本当に、来る日も来る日も真理さんの歌だけが頭の中を駆け巡っていたものです。

記憶に残っているイベントとしては、

・10月 「ファンの集い」の便り
     参加できなかったけど、参加された皆さんの情報を拝見し、胸キュン。
・10月 真理さん、テレビに出演
     変わらない優しい笑顔に感激。ルミ子さんにも感謝!
・12月 真保さんの「天地真理カレンダー」届く。
     実は、最も感動したのは、封筒に書かれた真保さん直筆の私への宛名(^^ゞ
・12月 プレミアムボックス購入
     ついに極秘購入。それからは感動の連続(現在も進行形です)
・ 4月 ファンクラブ創設
     おめでとうございます。しかし入会できない理由が・・・

くらいでしょうか。
本当は、もっとたくさん出来事があったのですが、最近物忘れが激しいもので(笑)

真理さんのデビュー40周年である今年は、何か素晴らしいことが待っていそうな気がします。
真理さん主演の映画がDVD化! 真理ちゃんシリーズが完全DVD化!
真理さんのファルセットが復活!

私は、ファンクラブにも入れないし、たぶん今年のファンの集いにも参加できないと思いますが、陰の存在として、真理さんやファンの皆様と細く長く繋がっていけたらと思いますので、これからもよろしくお願いします。

そして、真理さん、真保さん、そしてファンの皆様が、これからも元気で、活き活きと人生を歩まれることを祈念しています。

さぁ。2年目もがんばるぞーっ!   細々と(^^ゞ
スポンサーサイト

【号外】田中好子さん逝去

真理さんファンの皆様、最近「号外」ばかりで申し訳ありません。
でも、今日は、どうしてもお話したいことができたので、記事を起こしました・

今日は、昨日お亡くなりになったスーちゃんこと田中好子さんのことを書こうと思います。
55歳の若さでした。
私は、癌で闘病していることを知らず、突然に訃報を耳にし、とてもショックで、しばらくの間、呆然としてしまいました。

私は、キャンディーズの曲が大好きでした。
熱烈ファンではありませんでしたが、この歳になっても、たまに彼女達の曲を好んで聴くことがあります。

最近になって、ピンクレディーのように、キャンディーズも再結成して復活してくれないかなと思っていました。
一度でいいから、現在の伊藤蘭さん、藤村美樹さん、そして田中好子さんの3人が、ワンショットに収まった姿を見たかった。たとえ歌ってくれなくてもよかった。

最近の田中好子さんといえば、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」の中でのお母さん役が印象に強いです。
田中さんの発する沖縄弁は、とても優しくて愛らしく、本当に素敵でした。
ちなみに伊藤蘭さんも、同じNHK連続テレビ小説である「こころ」のお母さん役で出演されていたので、何か奇遇な感じがしました。
残る藤村美樹さんですが、たぶん、彼女は二度と芸能界には復帰するつもりはないのだろうと思っていましたが、もしも、藤村さんが少しでも芸能界に出ることを良しとしてくれたら、キャンディーズ復活も実現の可能性があったのかも。

以前、伊藤蘭さんの夫である水谷豊さんが、水谷邸に3人が集まって談笑することがあったということを、どこかの番組で話しておられました。水谷さんをとてもうらやましく思ったことを覚えています。

でも、悲しいことに、これらの願いも、もう叶えることができなくなりました。

キャンディーズの活動時期は1972-1978年なので、真理さんの活動時期(1971-1975)と重なっていて、「8時だよ、全員集合」などで共演していている姿もyoutubeなどにアップされていますね。

今回は、追悼の意味を込めて、キャンディーズの曲をお送りします。
1974年9月1日に発売された4枚目のシングルで、「なみだの季節」という曲です。
田中好子さんがメインボーカルを務めていた頃の、私が最も好きだった曲です。
(彼女のメインボーカルはこの曲が最後となり、その後は伊藤蘭さんにバトンタッチされました。)
では、お聞きください。

(candiesuploade7000さんの作品を引用させていただきました。m(__)m)


謹んで、ご冥福をお祈り致します。

【号外】東日本の方、大丈夫でしょうか

ここ山陰は、まったく異常がありません。
地震のときは、ここでも体感できる揺れがありました。震度1~2程度でした。
しかし、三陸沖から山陰まで揺れが伝播するなんて、恐ろしいことです。

東京にお住まいの真理さんと真保さんのことが気になります。

真保さんのツイッター情報によると、たった今、無事帰宅されたそうです。
それまでは、交通機関がストップし、歩いて帰宅されるとのことで、とても心配していました。
当初はお母さん(真理さん)とも連絡がとれず、心配されてましたが、しばらくして真理さんとも連絡が取れ、無事ということ。ホッ

私の方も、茨城の親戚に電話するのですが、なかなか繋がらず、夜になってやっと繋がり、どうやら身体は大丈夫とのこと。
でも、家の中や外は無茶苦茶な状態で、停電で暖もとれないとのこと。
たいへんです。

福島原発の状況も、とても心配です。

東日本にお住まいの皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?

尋常ではない方が多いと思いますが、気持ちをしっかりと持って、耐えて頑張ってほしいです。
この地からひたすら祈っております。

【号外】祝・天地真理ファンクラブ創設!

たった今、職場から帰って、真保さんのブログを覗いてみたら、「天地真理ファンクラブの創設」記事が出ていました。

詳しくは、http://ameblo.jp/anpanman-vs/

ファンクラブの創設は、まだ数ヶ月先の話かと思っておりましたが、思わずびっくり!
活動内容も詳細に規定されていて、真保さんは、たいへん努力されたことだと思います。
真保さん、本当にありがとう。

記事に載っていましたが、太田裕美さんは、真理さんの親友だったのですね。
私は、太田裕美さんも好きだから、早く会報創刊号を読んでみたいです。

しかし・・・・・

私は、前からファンクラブ入会を躊躇しています。
こんなに真理さんの力になりたい、真理さんの近況を聞きたい、真理さんのファンの方ととコミュニケーションをとりたいと思っているのですが、それが表立ってできない理由があります。

真保さんのカレンダーは、飾らずに大切にしまっています。
プレミアムボックスも家族に内緒で購入し、配送先も知人宅に届けてもらい、こっそり家に持ち帰って、書棚の奥に隠し持っています。
家では真理さんの曲は聞きません。夜の散歩の時と、通勤の車の中だけ、つまりプライベート空間でしか真理さんの声は聴くことはできません。

真理さんのことについては、子供にはある程度話していますが、妻には一切内緒なのです。
これは、昔からの私の家庭の状況です。
こういうことは、妻には全く理解してもらえないことがわかっています。
どう説明しても、きっと「この歳で、何が天地真理だ」「こんなことのために、時間と金をかけて」「ファンクラブ? 頭がどうかしているんじゃない?」ということになるのです。
私が真理さんの歌に癒され始めたのも、この辛い家庭環境があるためで、語りつくせない複雑な状況が存在します。

だから、悲しいですが、私は、こうして無形の世界だけで、真理さんや皆さんと繋がっていくしかありません。

でも、真理さんの歌を聴き、なかなか時間がとれませんが、皆さんとこうしてコミュニケーションをさせていただき、私は快活に生きることができています。
今のところ、それだけで私は十分です。

この個人的な状況が改善されたら、是非ともファンクラブに入会して、会報を楽しみに待ちたいと思います。
それまで、皆さん、私を見放さないで、お付き合い、よろしくお願いします。<(_ _)>

すみません。
せっかくの真理さんファンクラブの話題を、暗い話題に変えてしまいました。
でも、私と良く似た境遇があって、真理さんのことを公然にできない方も、意外と多かったり・・・

では、今日は、そろそろ2月が終わりそうなので、2月になたら紹介しようと思っていた曲、「二月の風景画」をお届けします。
彼女の13枚目のLP「童話作家」の中に収録されている曲です。
tadashi20090628さんのコンテンツを引用させていただきました。

プロローグ

ブログ開設について

私は、天地真理さんの歌声に癒されて生き続けています。
このブログは、、天地真理さんを応援するとともに、人間の奥底に潜む心の問題を考えていこうと思っています。

天地真理さんが活躍していた頃、私は小6~中2でした。
当時は、天地真理さんのファンではなく、麻丘めぐみや桜田淳子に憧れていました。
真理さんとは9歳も歳の差があるので、私にとってはアイドルのイメージではなかったのだと思います。
でも、「ふたりの日曜日」と「若葉のささやき」のEPレコードを持っていました。今も思い出すのですが、500円玉を握り締めて、レコード店の前で三善英史の「雨」と天地真理の「虹をわたって」のどちらを買うか悩んだ挙句、結局「雨」を買い、後で悔やんだことを覚えています。

実は、この歳になって天地真理さんの歌声に癒されるようになり、毎日彼女の歌を聞くようになりました。
その原因は、私の心の問題にあるのですが、先月末までは、どうしたら楽に死ねるかばかりを考えていました。
そして、苦しいときは昔の楽しかった記憶に浸るようになり、Youtubeなどで昔の出来事などを鑑賞しているうちに、天地真理さんの最後の紅白出演「想い出のセレナーデ」を歌っている場面に遭遇したのです。
それはショッキングでした。いつも笑顔だったはずの彼女が、どうしてこんなに痛々しい表情で歌っているのか。どうしてこんなにやつれているのか。前年の紅白では「恋する夏の日」を活き活きと歌っていた彼女。全く信じられなかったのです。

それから彼女のことを調べるようになり、歌唱力の素晴らしさに感動し、彼女の隠された名曲に感動し、彼女の生い立ちや苦悩を知ることになりました。

彼女の歌声を聞くたび、瞼が熱くなります。今まで心の中に響くものが何一つなかったのですが、今では彼女の歌が唯一心に潤いを与えてくれています。
天地真理さんの存在が、何とか生きて行く糧になっています。
彼女がいなければ、今頃私はどうなっていたかわかりません。

なかなかパソコンに向かう時間がとれない環境のため、タイムリーに発言ができないかもしれませんが、皆様、よろしければ、天地真理さんを接点にして、心を温め合えれば最高です。
プロフィール

ラガール

Author:ラガール
天地真理さんの魅力について語り合いませんか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者カウント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。